ロングステイ希望率No.1マレーシア!

メリット7:パートやアルバイトができる!

MM2Hだけでは、一般的な就労はできませんが「週20時間以内の就労」であれば許可されています。
そのほか、MM2Hであれば一般就労ではありませんが、会社を設立してビジネスを始めることもできます。
一般就労はできませんが、その分会社を設立させて配当を得ることはできるのでそこから収入を得ることはできます。
ほかの国であれば外国人が企業すること自体、非常にハードルの高いことです。
マレーシアであればこういったハードルが低く、ビジネスを起こすチャンスがあることもMM2Hのメリットなのです。
 

今回ご紹介したMM2Hは、マレーシアに長期滞在したい人にとって非常に魅力的なビザです。
ここまでの7つのメリットのほかにも、MM2Hを取得してからでも住宅を購入したり、投資ができたり、
相続税や住民税がないといったことなどたくさんのメリットや魅力があります。
過ごしやすく治安の良い国であるマレーシアに10年もの長いあいだ暮らせるということは、ロングステイを希望する人にとっては非常に嬉しいことです。
実際にMM2Hを取得するためには条件となることが色々とありますが、
取得した後にはこういったメリットをはじめ、プラスに働くことが多いこともMM2Hの大きな魅力です。