ロングステイ希望率No.1マレーシア!

ロングステイ希望率No.1マレーシア!それを後押しする「MM2H」ってなんだろう?

2017年現在、なんと11年連続でロングステイを希望するランキング1位に輝いているのが「マレーシア」だということを皆さんご存じでしょうか。
アジア圏の人種のるつぼとも呼ばれる多民族国家としても有名なマレーシアは、
地元マレーシア人のほかにも世界各国から訪れる旅行者や、多国籍の留学生、
そして長期駐在者を受け入れていることでも人気があり注目されています。
さまざまな民族、そして文化や宗教、そして風習も違う人々がたくさん暮らしているマレーシアでは、
普段の生活でも英語や中国語が通じること、それにインフラも整っていること、
さらには治安が良いということなどが多くの外国人に愛されている理由だといえます。
そしてさらに、マレーシアがロングステイを希望する国の1位を維持している理由というのが
今回ご紹介する「MM2H」という制度があるからなのです。
ロングステイを計画している人にとっては、マレーシアという国は最高の環境が整っています。
それでは早速、気になるMM2Hについていろいろとご紹介していきます。
 ​
ロングステイ希望率1位を誇るマレーシアの「MM2H」ってなに?

「MM2H」とは、マレーシア・マイ・セカンド・ホームの略称です。
マレーシア政府により推進されているビザであり、簡単にいうと「長期滞在」をしたいという人向けのビザということがいえます。
MM2Hプログラムは、年齢に関係なく取得できるほか、取得できればマレーシアに最長10年間暮らすことができるビザです。
さらに、この期間のあいだは滞在義務というものがないことから、定期的に日本とマレーシアを行き来することも容易です。
普段は日本に暮らしながら、好きなときに好きなだけマレーシアに渡ることができるのがメリットです。
MM2Hを取得するためには経済的証明をする必要があったり、永住権の取得はできなかったりといろいろな条件や制限があります。
そして、10年を越したあとでも、更新手続きをすれば10年を超えてさらに滞在年数を延長することができます。

 ◎ロングステイをするほかに、MM2Hを取得するメリットってなに?

MM2Hは、マレーシアにロングステイしたいと考える人にとくに人気の高いビザですが、
長期滞在できるということ以外にも色々とメリットになることがあるので、以下で簡単にご紹介します。
 
メリット1:MM2Hがあればマレーシアに長期滞在できる!


まずは、MM2Hの最大のメリットである「長期滞在できる」というメリットを抑えておきましょう。
マレーシア以外の国では、アジア圏とはいってもロングステイのためのビザ取得がかなり複雑で簡単には取得できないため、あまり現実的ではありません。
それに比べて、マレーシア政府が推奨しているMM2Hという長期滞在者向けのビザは、条件などをクリアしていれば原則取得することができることから、
日本人をはじめ世界各国の長期滞在を希望する人々に大人気の制度なのです。
 
メリット2:ビザの期間内でも滞在義務がない!


MM2Hを取得できればマレーシアに10年間滞在することが可能になります。
それでも、この与えられた期間に必ずしも○○日以上マレーシアに滞在していなければならない、といった「滞在義務」がありません。
そのため、MM2Hを取得していても、その期間に日本に住むことだって、ほかの国に暮らすことだってできてしまう優れたビザなのです。
いつでもマレーシアに暮らせるということは、つまり日本以外の場所に定住先が持てるという安心感にもつながるのです。
 
メリット3:マレーシアに銀行口座を開設できる!
ロングステイを受け入れている国は世界にたくさんありますが、マレーシアがロングステイ希望者に選ばれる理由はたくさんあります。
その一つが、「マレーシアに銀行口座を開設できる」ということです。
ほかの国では、その国で働くためのビザや労働許可を持っている人でないと銀行口座の開設ができないということも多いのですが、
MM2Hを取得すればマレーシアに銀行口座を所有して日本の資産をリスクヘッジすることができるのです。
さらに、マレーシアの銀行は定期予期の利率が良いことも魅力的です。
実際に、利子により利益があったとしても税金が免除されるのも嬉しいところです。
こういったメリットから、マレーシアのMM2Hを取得する人も多いほどです。
 
メリット4:自動車を免税でマレーシアに輸入できる
マレーシアのMM2Hを持っている人は、自動車についての優遇を受けることができます。
まずは、自動車をマレーシアに持ってくるときにも、新車以外の自動車一台であれば「免税」で輸入することができるのです。
一般的に、東南アジアなどで販売されているような自動車には高い関税がかかっているため、日本で購入するよりも割高になります。
そのため、MM2Hを持っている人であれば、免税で自動車をマレーシアに輸入したほうが経済的です。
さらに、自動車関連のメリットといえば、マレーシアの国産車であればこちらもまた免税で購入できるので、
通常の値段よりも2~3割ほど安く自動車を購入することができるのです。
ちなみに、マレーシアに免税で自動車を輸入する、またはマレーシアの国産車を免税で購入する、これらはどちらか一方を選ばなければなりません。
 
メリット5:税金が免除されることも嬉しい!
ロングステイを希望する人の多くは、定年退職をして年金生活する方です。
そのため、日本から送金される年金の受け取り時に発生する税金に大きな懸念を抱く人も多いようです。
しかし、事前にMM2Hを取得しておけば年金の受取りで発生する「税金が免除される」といったメリットがあるのです。



 

フィジー留学